金利が高いカードローンから借り換え

金利が高いカードローンから低金利なカードローンへの借り換え

カードローンの返済が追いつかない原因

カードローンの返済が追いつかない・・・と悩んでいる皆さんは、まずは返済が追いつかない理由がどこにあるのか考えてみることが大切です。カードローンは「借りたお金は必ず返さなければならない」ということを前提に利用するものですから、返済が追いつかないとなると何かしら原因があるものと考えられます。場合によっては利用者である皆さん自身が原因であることも少なくありませんので、自分自身にも返済時のトラブルに関わる原因がないかどうか、考え直してみた方が良いでしょう。

中でも特に大きな原因となりやすいのが、単純なお金の借り過ぎです。皆さんはカードローンで必要以上にお金を借りてしまってはいませんか?もし予定していた借り入れ金額以上に借りてしまっている場合は、お金の借り過ぎが影響して返済が追いつかなくなってしまっていることが第一に考えられます。カードローンは借りたら借りた分だけ利息を支払わなければなりませんから、結果として返済総額は借りた金額以上になってしまいます。

あらかじめ返済シミュレーションなどをしておけば、返済総額についても予測することができるのですが、もし無計画の状態でカードローンを利用して借り過ぎてしまっている場合は、利息や返済総額についての考えが甘いということになります。これは大変リスクの高い状況ですので、今からでもシミュレーションをして返済計画を立てるようにしてください。

高金利なカードローンは返済にも悪影響が

また、カードローンの金利がもともと高いことが原因となり、返済に悪影響が現れている恐れもあります。金利はカードローンごとに異なるもので、金融機関によっても大きな差が見られるものですが、この金利が高い場合は利息も高くなりやすく、返済総額にも大きく関わってくるため、返済が追いつかない状態になってしまうことも少なくありません。高金利のカードローンは審査基準がそれほど厳しくないため、比較的利用しやすい傾向があります。

しかし、利用のしやすさと利用する上での安全性には少々違いがあるものです。例え利用しやすいカードローンでも、結果的に返済が難しい状況になってしまうのであれば、決して安全性が高いとは言えません。もちろん高金利であることだけが問題なのではなく、皆さん自身も借り入れ金額の増減に注意を払わなければなりませんが、やはり高金利なカードローンよりも低金利なカードローンを利用した方が後々負担にならずに済むのです。

高金利なカードローンを利用していることで実際に返済に対して悪影響が現れてしまっている皆さんは、今の状況をどうにか変えていくことを考えなければなりません。

低金利カードローンへの借り換え

そこでおすすめなのが、低金利カードローンへの借り換えです。金利が高いカードローンから金利の低いカードローンへ借り換えることで利息が少なくなり、結果的に返済総額も減っていきます。返済が追いつかない場合に必要なことは、まず返済しやすい状況へ変えていくことになります。

低金利カードローンへの借り換えは難しかった返済状況を少しずつ楽に変えていくことができるようになっていますので、返済に何らかの問題を抱えている皆さんは一度借り換えについて考えてみてはいかがでしょうか?金利設定が変わるだけでも返済負担は大きく変化します。今の状況から抜け出すのではなく、状況を変えるという方法でカードローンの完済を身指していくと良いでしょう。

また、複数のカードローンを利用している場合には、低金利カードローンで借金を一つにまとめてしまうことがおすすめです。どちらにせよ「低金利」ということがポイントとなっていますので、できるだけ金利の低いカードローンを探してみましょう。