カードローンの利息の支払い

カードローンでの借り入れ・返済には欠かせない「利息」の支払い

カードローン利用に欠かせない「利息」

何かと出費が嵩む時期には、お金を調達する方法の一つとして「カードローン」の利用をおすすめです。各金融機関でサービスが提供されているカードローンは、発行されたカードを使ってお金を引き出すことができる便利なサービスです。もちろん借りたお金は必ず返済しなければなりませんが、今すぐにお金が必要な場合には非常に役立つものなので、皆さんもぜひカードローンを契約して利用してみてはいかがでしょうか?

しかし、カードローンでお金を借りる際には必ず「利息」を支払うことが義務とされています。利息とは、金利・借り入れ金額・借り入れ期間によって計算される手数料のことです。皆さんがカードローンを利用する際には、金融機関に手数料として利息を支払わなければなりませんので、必ず利息についても頭に入れておくようにしましょう。では、利息はどのように計算されるものなのでしょうか?ここからは利息の計算方法について詳しく見ていくことにしましょう。

基本的な利息の計算式

利息は金利(パーセンテージ)と借り入れ金額(円)、そして借り入れ期間(日または月)によって計算されますので、まずは皆さんが利用しているカードローンの金利についてしっかり確認しておきましょう。金融機関の広告やホームページなどに主に表示されている金利は「年利」としての表示で、金利の割合を年間に換算したパーセンテージとなっています。この年利と借り入れ金額、借り入れ期間を計算することで、皆さんが実際に支払う利息を算出することができるというわけですね。

では、利息の計算式はどのようなものになっているのでしょうか?基本的には「借り入れ金額×金利÷365×借り入れ期間=利息」という計算式になりますので、皆さんがカードローンで借りた金額の残高、利用している金融機関の金利、利用を予定している期間をそれぞれ当てはめていくことで利息を計算することが可能です。

借り入れ金額についてはまだ支払いが残っている「残高」としての計算となりますから、その都度計算することで今現在皆さんが支払うべき利息を算出することができるようになっています。借り入れ期間についてもカードローンを利用している返済までの期間として計算することができるので、1ヶ月間借りる予定であれば30日、2ヶ月間借りる予定であれば60日と当てはめて計算してみてください。

利息の計算は「返済シミュレーション」でも

以上のような計算方法であらかじめ利息を算出し、自分はどの程度までなら借りても良いか、という判断基準にしてみると良いでしょう。カードローンの利用はタダではありませんから、必ず利息の支払いまで念頭に置いた上で利用するよう注意してくださいね。また、金融機関によっては支払うべき利息の計算までを含めた「返済シミュレーション」を行なえる場合もあるので、利息の計算がいまいちよく分からない、という皆さんはシミュレーションの機能を使って利息を計算してもらうことをおすすめします。

カードローンが利用できる各金融機関のホームページでは、返済シミュレーションとして皆さんが借りる金額、借りたい期間を入力することで簡単に利息を算出することが可能となっています。利息はカードローンの借り入れ・返済には欠かせないものとなっていますから、自分で計算することはもちろん、返済シミュレーションによって計算してもらっても良いので、カードローンを利用する前にはあらかじめ自分が支払うべき利息を算出しておくようにしましょう。