カードローン審査基準と金利のバランス

カードローン審査基準と金利は両方のバランスが取れているかが重要

審査と金利の両方のバランスが取れているか

カードローンを選ぶ上で最も重要なものは何でしょうか?カードローンを利用する金融機関の特徴、カードローンの借り入れ限度額、カードローンの返済方法など、カードローンを選ぶためには様々な条件から考えていく必要がありますが、皆さんがカードローンの契約を考えている段階であれば、まずは「審査基準と金利のバランスが取れているか」といったポイントに目を向けてみるようにしましょう。

審査はカードローンを利用する上で必ず受けなければならないものですし、金利も皆さんが金融機関側に支払う利息の計算に関わっているものです。審査も金利もカードローンの利用上欠かせないものとなっていますので、両方のバランスが取れているかどうかがカードローン選びの重要な条件というわけです。ここからはカードローンの審査基準と金利のバランスの均衡が取れているかどうかを見極めるポイントについて見ていくことにしましょう。

カードローン審査基準の厳しさ・甘さ

皆さんが金融機関側にカードローンの利用を認めてもらうためには、職業に就いていること、収入があることが大前提の基準とされています。審査基準は各金融機関ごとに差がありますが、無職や無収入である場合は基本的にカードローンの利用が認められません。

しかし、職業が自営業者やフリーターなど収入が不安定である場合でも、毎月一定の収入を得ていて、返済への余裕を持てる収入であればカードローンを契約してお金を借りることは可能です。カードローンの利用は借金をすることと同意義ですので、収入があるかどうかが重要な基準点となっているのです。

では、一般的に審査基準が厳しいと言われるカードローンのサービスの場合はどのような基準点をクリアすれば審査に通ることができるのでしょうか?主に銀行などで提供されているカードローンは審査基準が厳しくなっているため、収入が少なく返済に充てる余裕がないと判断された場合は、銀行でカードローンを契約することは難しくなっています。お金を借りても返済することができなければサービスとしての意味を持ちませんので、審査の段階で落とされてしまうのです。

反対に審査基準が甘く比較的審査に通りやすい傾向があるカードローンは、雇用が不安定な場合や収入が少ない場合でも契約が可能となるケースも少なくないため、自営業者やフリーターの皆さんにとっては審査の甘いカードローンが利用しやすいと見ることができます。

カードローン金利と審査基準の関係

このように審査の面だけで見てみると、審査基準が甘いカードローンの方が利用しやすいように考えられますが、審査に通りやすいというだけでカードローンの利用を決めてしまうと、後に高額の利息を支払わなければならないこともあるため注意が必要です。そこで見ておかなければならないのが、審査基準と金利のバランスというわけです。

一般的にカードローンは審査基準の甘さに比例して金利が高くなる傾向が強く見られています。反対に審査基準が厳しいほど低金利のカードローンを利用することができるようになっているので、審査基準と金利のバランスが互いに見合っているかどうかに注目してカードローンを選んでみましょう。

その他にも同程度の金利設定となっているカードローン同士のサービスを比較してみることもおすすめです。同程度の金利で借りられるカードローンのそれぞれの特徴を見ることで、サービス全体のバランスも見ることができますから、すぐに契約を決めてしまうのではなく、どのようなサービスが利用できるのかしっかりチェックしておくと良いでしょう。