金利を比較して選ぶのが秘訣

カードローンは金利を比較して選ぶのが秘訣です!

自分は正社員を目指して職探しをしながらフリーターとしてアルバイトで生計を立てていますが、たまに生活費が足りなくなることがありました。そこであらかじめ何かあった時に備えてカードローンを作っておこうと考えたのですが、なかなか審査に通りませんでした。そのため次々と「審査に通りやすい」という所を探しては申し込んだのですが、そのどれも審査に通りませんでした。

そこでなぜ通らないのかを調べてみました。はっきりと審査の方法などを知ることは出来ませんでしたが「一般的な基準」として「本人の返済能力」が必要だということが解りました。それと同時にアルバイトやパート、無職でも利用できるというところや審査が緩いという所にも様々な理由があることも知りました。本人の返済能力が重視されるということですが、本人に「定期的な収入」が必要ということでした。それもある程度の給与と「どれくらいそこで働いているか」ということが関係しているとのことでした。

自分が申し込みをして審査に通っていなかったときはアルバイト先で一年ほどしか働いていませんでした。加えて審査が緩いという所の話も見つけました。審査が緩い、と言われているのは「消費者金融系」のカードローンでした。これは「総量規制」という物があり最初から「ある程度の収入」が無いと利用できないので、最初から「ある程度の返済能力が無いと利用できない」ためです。

対して銀行系カードローンは総量規制の対象外なので「定期的な収入が無くても申し込める」という物です。そのため申し込みの件数自体が多いのです。誰でも申し込めるから。結果「返済能力が無い」と判断される人が消費者金融系よりも多くなります。そのため「審査が厳しい」といわれることが多いのです。

ただ、銀行系でダメで消費者金融系で大丈夫だったという人もいます。もちろん逆の場合もあるのですが、それらの理由としては「カードローン会社それぞれの判断基準」があるので、その基準を満たしていたために審査に通ったというだけのようです。審査が緩いとか厳しいのではなく「たまたま基準を満たしていたか、そうでないか」ということです。

もちろん定期的な収入がある、ということがどちらも必要とされることが多いので無職や自分のような収入が低いアルバイトでは利用することが難しいというのが現実ではあります。しかし、アルバイトであっても申し込むことが出来るということは「審査に通る可能性がある」ということに他なりません。

そして、これが一番大事だったようなのですが、当時いくつものカードローン会社に同時に申し込んでいましたがそれがダメだったようです。カードローンの申し込みをしたということが「個人信用情報機関」という所に登録され、審査の時にそれがわかると通らなくなる可能性があるようなのです。そのため、ある程度の期間をあけて申し込みをしたらあっさり審査に通ることが出来ました。

今はピンチの時にカードローンに助けてもらいながら生活をしています。ただ、あくまでもピンチをしのぐというのが目的なので、過剰に頼ることはしていません。無理な利用をしなければカードローンは頼れるパートナーだと思っています。