銀行系消費者金融カードローンの金利

「銀行系消費者金融」のカードローンは比較的借りやすい金利に

カードローンの金利設定に目を向けて

カードローンを利用する際にはまず「金利設定」に目を向けておく必要があります。金利は皆さんが金融機関側に支払う手数料としての「利息」にも関係しているもので、金利が高いほど利息も高くなり、金利が低いほど利息は低くなるという特徴があります。そのため、高金利のカードローンの場合は支払う利息が高いことから返済時の負担も大きくなりかねません。カードローンを利用して金融機関から借りたお金は、そのまま返済すれば良いわけではなく、必ず利息を含めて返済することが義務とされています。

金利設定は利息の支払いに直接関わってくるものですから、返済時の負担を減らしたいのであれば、まずは比較的金利の低いカードローンを選ぶよう注意しておきましょう。そこでおすすめなのが「銀行系消費者金融」のカードローンです。ここからは銀行系消費者金融の特徴と金利設定について詳しく見ていくことにしましょう。

銀行系消費者金融の金利設定の特徴

銀行と消費者金融は別の金融機関ですが、銀行系消費者金融は銀行と消費者金融が提携して金融サービスを提供している機関であることが特徴的です。銀行でもなく消費者金融でもない特徴を持っていますが、どちらの特徴を持っているとも言えるため、銀行と消費者金融のメリットを掛け合わせた金融機関と理解しておくと良いでしょう。

まず銀行としてのメリットはやはり「低金利」という特徴ですね。銀行カードローンの最大の特徴である低金利は、銀行系消費者金融のカードローンにおいても見られる特徴となっていますので、銀行系消費者金融でカードローンを利用する場合は基本的に低い金利でお金を借りることができるようになっています。

基本的には銀行よりも少し高めの金利ではありますが、消費者金融と比較すると圧倒的に低金利であるため、金利の面では消費者金融よりも利用しやすい傾向があります。さらに場合によっては銀行と同等の金利設定でカードローンを利用できてしまうこともあるため、銀行系消費者金融の金利をそれぞれ比較した上でカードローンの契約を決めることをおすすめします。

審査の面でも利用しやすい銀行系消費者金融

しかし、銀行と同等の金利でカードローンを利用できるなら、銀行で契約すればいいのでは?と考える皆さんも多いかと思います。実際に銀行のカードローンは安全性も高く、皆さん自身も安心して利用できるキャッシングサービスとなっていますが、審査の面も通して見てみると、銀行系消費者金融の方が審査に通りやすい傾向があることから、金利の面だけではなく全体的に見ても銀行系消費者金融はカードローンを利用しやすくなっていると見ることができます。

審査の面ではどちらかというと消費者金融のメリットの部分が大きく、銀行よりも審査基準が甘めであるため、銀行系消費者金融は比較的審査に通りやすくなっているのです。

もちろん審査に通りやすいとは言え、無職や無収入である皆さんが審査に通ることは難しいものですし、借金を抱えている皆さんがカードローンを新たに契約することも絶対的に可能とは言えません。カードローンの審査は様々な条件から結果が決まるものですから、比較的利用しやすい銀行系消費者金融の場合でも、カードローンを申込む前には「本当にカードローンを利用しても良いか」という自己判断が必要となります。

カードローンは言わば借金をするためのツールです。どの金融機関でカードローンを利用する場合も、借金をすることについて十分に考えた上で契約するようにしましょう。