消費者金融の金利は高い?低い?

金利は高い?低い?消費者金融でカードローンを利用したい場合

消費者金融でカードローンを契約する場合

以前は「サラ金」としてサラリーマンを中心とした利用者が目立っていた消費者金融ですが、近年ではサラリーマンに限らず自営業者やフリーターの利用者も増加傾向にありますし、女性の利用者増えてきていると見られています。そんな消費者金融でも便利なカードローンが利用できるため、消費者金融でのカードローンの契約を考えている人も少なくありません。

しかし、中には消費者金融を利用することに対して不安を感じている人がいることも事実です。消費者金融に対するイメージだけではなく、審査や金利といった実際にカードローンを利用する際に関わってくる問題などにも不安を感じやすいものですよね。特に金利は高いのか、低いのかといった問題は皆さんが支払う利息の金額にも関係しているものなので、消費者金融でカードローンを利用する場合には、あらかじめ金利設定についてしっかり理解しておく必要があります。ここからは消費者金融カードローンの金利設定について見ていくことにしましょう。

消費者金融のカードローンは高金利

消費者金融の金利設定は、一般的に高金利となっています。これはカードローンに限らず、消費者金融が提供しているキャッシングサービス全般に言えることなので、消費者金融を利用する場合は「高金利でお金を借りることになる」ということをまず頭に入れておきましょう。

そして高金利であるほど皆さんが支払うべき利息は高くなっていくため、利息の支払いについても注意しておかなければなりません。利息は金利、皆さんがカードローンを利用して借りる金額、返済までの借り入れ期間によって算出されるもので、手数料として消費者金融側に支払う金額となっています。利息を支払うことはカードローンを利用する上での義務ともされているものですから、カードローンを利用してお金を借りる前には「どのくらい利息を支払うべきか」前もって計算しておくことが重要です。

利息は高金利であるほど高くなるだけではなく、借り入れ金額が多いほど高くなりますし、借り入れ期間が長引いても同様に高くなっていくことが特徴的です。高金利である消費者金融のカードローンを利用する際に支払う利息を少なくしたい場合は、借り入れ金額を少なくする、借り入れ期間を短くする、といったような対策を取ることが必要ですので、高金利であることを前提とした利用方法を考えておくようにしましょう。

比較的金利の低い消費者金融も

以上のように消費者金融の金利は一般的に高金利とされていますが、消費者金融同士で金利を比較することで、少しでもお得にカードローンを利用できる場合もあります。金利設定はそれぞれの消費者金融で異なっているため、場合によっては金利が低めの消費者金融でカードローンを契約することも可能というわけです。やはりカードローンを利用するなら金利は低めに設定されている方が利用しやすいので、消費者金融を利用する場合でも比較的低金利で借りられるカードローンを選ぶようにしましょう。

また、消費者金融でも銀行と提携している「銀行系消費者金融」の場合は、より金利が低く設定されていることから、消費者金融のカードローンよりも利用しやすい傾向があります。銀行系消費者金融は近年人気の金融機関で、消費者金融同様、カードローンのサービスも提供されています。銀行と提携していることで利用者の皆さんとしては安心感も大きいかと思いますので、消費者金融でのカードローン利用を考えている皆さんは、銀行系消費者金融の金利とも比較した上で利用を決めると良いでしょう。