カードローン 金利

カードローンは高い金利を取られるんじゃないかと不安がありました

私が初めてカードローンを利用したのはショッピングのためでした。金利や返済方法などは考えずとにかく「お金が手に入ればいい」と思っていました。そうすると当然返済が難しくなっていきます。当時は親の力を借りて何とか返済することが出来ましたが、考えなしにカードローンを利用することがどれだけ大変なことになるかを身を以て知りました。

今は主婦として家事をこなしながらパートをしています。夫と合わせてある程度の収入はあり、それなりに安定しています。ただ買いたいものが買える、というわけではありません。といっても「安い時に買う」ということが出来るほど裕福ではありませんので、必要なときに購入するということになってしまうのですが、出来れば安いうちに購入しておきたいと常々考えています。

特に服はシーズンの前後で値段が変わってきますので、値段が安い時に買っておくと半額以上も安くなることがあります。確かにカードローンは返済する時にキャッシングした以上の金額を返済する必要はありますが、金額によっては「後で買う」よりもだいぶ安く済みます。特に大きいのが「子供服」です。急に大きくなる子供に合わせて半年や一年後を考えた購入というのは非常に難しいのですが、それでもある程度大きめの服を購入しておいて、洗濯をすることで少しずつ小さくしたりしてます。ズボンや袖が長いのであれば後で簡単に調節することも出来ますので、成長を考えて購入しておくことでだいぶ楽になります。

安い時にまとめて購入しておくとはいえ、いつもそのタイミングでまとまった金額があるとは言えません。これを今買っておくと後々楽になるのに、という時はカードローンの出番です。以前失敗していますので、利用するカードローン会社は返済方法や金利をしっかりと調べて選びました。

特に大事なのが金利で「借りやすい」ということよりも「どのくらいの金利になるのか」ということを重視しています。金利が高ければ返済金額が増えてしまい「安い時に購入する」という意味が無くなってしまいます。加えてなるべく「短い期間」で返済が出来るように考えています。返済期間が長ければ長いほどこれまた返済金額が増えてしまうためです。無理して返済すると生活が苦しくなる原因にもなりますので、無理の無いように考えた返済が必要です。

子供服なんかはある程度予測して購入しても、それを上回る成長をして着れない服になってしまったこともありますが、それはそれで「良く成長している証」なので、うれしさ半分、残念半分といったところです。ですが、自分の服などは一年前であっても購入しておくことが出来ますし全体的な出費を減らすことに役立てられます。カードローンは賢く使えば強い味方です!

カードローンは複数利用しても大丈夫?トラブルへと繋がる危険性も

複数のカードローンを利用しても大丈夫?

一つのカードローンの限度額では足りない・・・という場合、複数のカードローンを所有することも可能となっています。もちろん、複数所有するためには金融機関の審査を受けてカードローンの利用を認めてもらわなければなりませんが、無事審査に通ることができれば複数のカードローンを利用することができるようになります。

カードローンの限度額がいっぱいになってしまってもう残額がない、という皆さんにとっては、複数のカードローンが利用できることは非常にありがたいことかもしれませんが、複数のカードローンを利用するということは、その分皆さんが抱える借金も増えていくということでもあります。カードローンを利用すればするほど借金は増えていくので、複数のカードローンを使うとなると借金の増え方も一気に高額となってしまいかねません。

そのような状況になると、どのカードローンから返済をしていけば良いのか分からず、結果的に返済が追いつかなくなってしまう恐れも考えられます。さらにはカードローンで借りたお金を他のカードローンで借りたお金で返済する、といった悪循環も起こりやすくなるため、複数のカードローンの利用は様々なトラブルへと繋がる危険性がある、ということをしっかり理解しておかなければなりません。

低金利カードローンでも複数利用は危険

以上のように複数のカードローンを利用すると思わぬトラブルへ発展してしまう恐れがあります。今現在カードローンの限度額が足りずに困っている皆さんは、こうしたリスクがあることを理解した上で複数のカードローンの契約を考えるようにしてください。または複数のカードローンを契約することを避け、今抱えている借金を地道に返済していくことも必要です。

複数のカードローンを所有していると、どうしても安易な気持ちでお金を借りてしまいがちですし、カードローンがあることに対する安心感に甘えてしまう利用者も少なくありません。そのような状態でカードローンを使い続けていくと、最悪の場合は多重債務に陥るケースも考えられます。カードローンは借金をするツールの一つですから、正しく利用しなければ皆さん自身が大きな負担を抱えることになってしまうのです。

もしトラブルを起こしてしまったらどうしよう・・・と不安に思うのであれば、複数のカードローンを所有することはやめておきましょう。いくら低金利のカードローンであっても、それが複数となると、返済総額は皆さんが思っている以上に高額となってしまうものです。カードローンを複数所有することのリスクについては、金利設定に関係なくどこにでもあるものだと理解しておくようにしましょう。

複数のカードローンをまとめて一本化

では、現在既に複数のカードローンを利用している皆さんの場合はどのように対処していけば良いのでしょうか?実際に利用し
ているカードローンの数にもよりますが、まずは返済を少しでも楽な状況にしていくことが重要とされます。例えば複数の借金を一つのカードローンにまとめてしまうなど、「ローンの一本化」を利用することがおすすめです。

ローンの一本化はカードローンでも可能ですから、複数のカードローンを一つのカードローンにまとめ、借金の返済を一つのカードローンで済ませられる状況に変えていきましょう。金融機関によってはこうした一本化のサービスを「まとめローン」として提供していることもあります。カードローンの金利が低いほど一本化のメリットは高くなりますので、複数の借金を抱えている皆さんはカードローンで借金を一つにまとめてしまうと良いでしょう。

返済しやすくなる「まとめローン」には金利が低めのカードローンを

リスクが高い複数カードローンの利用

今現在、複数のカードローンを利用しているという皆さんはいませんか?カードローンは金融機関によっては複数所有することも可能であるため、実際に複数のカードローンを利用してお金を借りることができるようになっています。しかし、カードローンを複数利用している場合、様々な問題点が現れやすいと考えられています。

まず一つは複数のカードローンを利用していることで、どのカードローンでいくら借りているかが把握しにくくなることです。どのカードローンを利用していくらお金を借りたのか、しっかり把握しておかなければ返済時に皆さん自身が困ることになります。また返済時に関する問題も単数のカードローンを利用している場合に比べて大きくなる傾向があると見られています。

借金が嵩んでいることで返済が追いつかなくなる、返済期日を忘れてしまう、最悪の場合は返済が不可能となってしまうことも考えられますから、複数のカードローンを利用する場合はこのようなリスクについて十分に理解した上で利用するよう注意しておきましょう。もし注意できないようであれば、カードローンを複数所有することはおすすめできません。

まとめローンや一本化で返済しやすく

このようにカードローンを複数所有し利用している場合は、トラブルが起こりやすい状況でもあるため、できる限り自分自身で返済しやすい状況に変えていくことが必要です。返済が不可能な状態になってしまう前に手を打つことで、無事に完済できるようにもなりますから、まずは複数のカードローンを一つにまとめてしまうことを考えてみましょう。

これは一般的に「一本化」や「まとめローン」と呼ばれ、実際にまとめローンというサービスを提供している金融機関もあります。もちろんまとめローンというサービスを行なっていない金融機関でも、複数のローン(借金)を一つにまとめて新たにカードローンで返済していく、という方法を取ることはできますから、カードローンを扱っている金融機関に相談してみると良いでしょう。

無事にローンをまとめることができれば、今後はそのカードローンで返済を続けていくことになります。複数のローンを一つにまとめたことによって返済期日も忘れにくくなりますし、返済しなければならない残高も把握しやすくなるのでおすすめです。またカードローンが低金利であれば、利息も少なくなり、返済総額も全体的に抑えることが可能となっています。

借金をまとめるなら低金利のカードローンを

ローンを一つにまとめると、これから皆さんが支払う利息はまとめたカードローンに対する利息ということになります。そのためまとめローンとして利用することになったカードローンが低金利であるほど利息は増えにくく、返済総額もそれほど高くならずに済むというわけです。大幅に返済総額が減るわけではありませんが、やはり高金利のカードローンを利用する場合と低金利のカードローンを利用する場合とでは利息には大きな差が現れるものです。

特に複数のカードローンで借りていた総額が高額である場合は、高金利のカードローンでまとめてしまうとさらに利息が高くつくことになってしまいます。このような理由からまとめローンには低金利カードローンがおすすめなので、複数の借金を抱えている皆さんはぜひ低金利カードローンでローンをまとめて見てはいかがでしょうか?

金利の低いカードローンは全体的に審査基準が厳しい傾向がありますが、銀行系消費者金融のカードローンなどは低金利且つ審査基準もそれほど厳しくないため、利用しやすいカードローンとなっています。まとめローンにも最適ですから、銀行系消費者金融のカードローンも候補として考えておくと良いでしょう。

金利が高いカードローンから低金利なカードローンへの借り換え

カードローンの返済が追いつかない原因

カードローンの返済が追いつかない・・・と悩んでいる皆さんは、まずは返済が追いつかない理由がどこにあるのか考えてみることが大切です。カードローンは「借りたお金は必ず返さなければならない」ということを前提に利用するものですから、返済が追いつかないとなると何かしら原因があるものと考えられます。場合によっては利用者である皆さん自身が原因であることも少なくありませんので、自分自身にも返済時のトラブルに関わる原因がないかどうか、考え直してみた方が良いでしょう。

中でも特に大きな原因となりやすいのが、単純なお金の借り過ぎです。皆さんはカードローンで必要以上にお金を借りてしまってはいませんか?もし予定していた借り入れ金額以上に借りてしまっている場合は、お金の借り過ぎが影響して返済が追いつかなくなってしまっていることが第一に考えられます。カードローンは借りたら借りた分だけ利息を支払わなければなりませんから、結果として返済総額は借りた金額以上になってしまいます。

あらかじめ返済シミュレーションなどをしておけば、返済総額についても予測することができるのですが、もし無計画の状態でカードローンを利用して借り過ぎてしまっている場合は、利息や返済総額についての考えが甘いということになります。これは大変リスクの高い状況ですので、今からでもシミュレーションをして返済計画を立てるようにしてください。

高金利なカードローンは返済にも悪影響が

また、カードローンの金利がもともと高いことが原因となり、返済に悪影響が現れている恐れもあります。金利はカードローンごとに異なるもので、金融機関によっても大きな差が見られるものですが、この金利が高い場合は利息も高くなりやすく、返済総額にも大きく関わってくるため、返済が追いつかない状態になってしまうことも少なくありません。高金利のカードローンは審査基準がそれほど厳しくないため、比較的利用しやすい傾向があります。

しかし、利用のしやすさと利用する上での安全性には少々違いがあるものです。例え利用しやすいカードローンでも、結果的に返済が難しい状況になってしまうのであれば、決して安全性が高いとは言えません。もちろん高金利であることだけが問題なのではなく、皆さん自身も借り入れ金額の増減に注意を払わなければなりませんが、やはり高金利なカードローンよりも低金利なカードローンを利用した方が後々負担にならずに済むのです。

高金利なカードローンを利用していることで実際に返済に対して悪影響が現れてしまっている皆さんは、今の状況をどうにか変えていくことを考えなければなりません。

低金利カードローンへの借り換え

そこでおすすめなのが、低金利カードローンへの借り換えです。金利が高いカードローンから金利の低いカードローンへ借り換えることで利息が少なくなり、結果的に返済総額も減っていきます。返済が追いつかない場合に必要なことは、まず返済しやすい状況へ変えていくことになります。

低金利カードローンへの借り換えは難しかった返済状況を少しずつ楽に変えていくことができるようになっていますので、返済に何らかの問題を抱えている皆さんは一度借り換えについて考えてみてはいかがでしょうか?金利設定が変わるだけでも返済負担は大きく変化します。今の状況から抜け出すのではなく、状況を変えるという方法でカードローンの完済を身指していくと良いでしょう。

また、複数のカードローンを利用している場合には、低金利カードローンで借金を一つにまとめてしまうことがおすすめです。どちらにせよ「低金利」ということがポイントとなっていますので、できるだけ金利の低いカードローンを探してみましょう。

初めて使うならこれ!初心者向けカードローン選びのポイント

どんなカードローンを選べばいい?

カードローンを使ってみたいけれど、どんなカードローンを選べば良いか分からない・・・と悩んでいる皆さんはいませんか?カードローンを契約しようにもカードローン選びの段階で悩んでしまっている、そんな皆さんには初心者でも安心して利用できるカードローンをおすすめします。ここからは初心者向けカードローン選びのポイントについて見ていくことにしましょう。

まずはカードローンがどのようなものなのかを理解しておく必要がありますので、カードローンを利用してお金を借りることについてもう一度よく考えてみましょう。本当に必要なお金であればカードローンを利用して借りることをおすすめしますが、もしそれほど重要なものではなく、借りる必要がないお金である場合は、今すぐにカードローンを契約することは避けておいた方が良いでしょう。

使う理由がない状態のままでカードローンを所有していると、人によっては無駄遣いをしてしまうことも少なくありません。カードを使うだけで簡単にお金を借りることができるため、非常に便利なサービスではありますが、カードローンを通して借りたお金は皆さんのものではなく金融機関のものです。そして借りたお金は必ず返済しなければならないものでもあります。カードローンを利用するということがどういうことなのか、よく理解した上で利用を決めるようにしましょう。

初心者向けカードローン選びのポイント

では、初心者向けカードローンを選ぶ際にはどのようなポイントがあるのでしょうか?まず第一に「低金利のカードローンを選ぶこと」が重要なポイントとして挙げられます。金利はカードローンを利用するための手数料をパーセンテージとして表したものになります。この金利のパーセンテージと皆さんがカードローンを通して借りた金額、カードローンでお金を借りている期間によって「利息」が計算されます。

利息は実際に支払う手数料なので、返済時には借りた金額だけではなく利息も含めて支払うことになるのです。利息は金利が高くなるにつれ比例して高くなる特徴があります。例えば、同じ金額を同じ期間だけ借りた場合、金利が10.0%のカードローンよりも金利が15.0%のカードローンの方が支払うべき利息は高いということです。

金利が高いカードローンは比較的審査基準が甘く、利用しやすい傾向がありますが、実際にカードローンを利用した後には高い利息を支払わなければならない現実が待っているので、カードローン初心者の皆さんは安全に利用するためにも低金利のカードローンを選ぶことをおすすめします。

カードローンの安全面と利用の上での安心感

カードローンを利用する上では「安全面」と「安心感」も非常に重要なポイントです。審査が甘く初めは利用しやすい印象のカードローンでも、実際に利用してみると高金利が故に利息も高くつき、返済が追いつかない、という事態にもなりかねません。これではカードローンを安心して使うことができませんし、安全にカードローンを利用できるとも言えないものです。

カードローン初心者の皆さんが安心して安全にカードローンを利用するためには、やはり審査が少々厳しくても安全にお金を借りられるサービスを提供しているカードローンがおすすめです。安全性が高いことで安心感もありますし、何より皆さんが計画的に完済を目指すことのできるカードローンを選ぶことが重要です。カードローンを利用することは借金をするということですので、決して無理はせず返済できる範囲でカードローンを利用するようにしてくださいね。

カードローンの金利から利息を計算できる「返済シミュレーション」

カードローンごとに異なる金利

金利はカードローンごとに異なるものであり、場合によって変動することもあるものです。カードローンを利用してお金を借りる際には、こうした金利の特質をよく理解しておかなければならないので、まずはカードローンの金利がどのようなものであるかといった点についてよく考えてみるようにしましょう。

そして金利は皆さんが支払う利息にも関係しています。金融機関に手数料として支払う利息は、金利・借り入れ金額・借り入れ期間によって計算されますが、利息は金利に左右されることが多く見られています。もちろん皆さんがカードローンを利用して借りる金額、借りている期間によっても利息には差が現れます。

しかし、同じ金額を借りた時には金利によって利息に差が現れるようになるので、利息を少しでも抑えたい場合はなるべく低金利のカードローンを選ぶなどの工夫が必要となります。金利が低いカードローンを利用した場合と金利の高いカードローンを利用した場合とでは、同じ金額を借りても利息には大きな差が見られるものです。こうしたキャッシングの仕組みについてもよく理解した上でカードローンを利用するようにしましょう。

「返済シミュレーション」で利息を計算

そしてカードローンを利用する前には、あらかじめ利息の計算をしておく必要があります。利息は皆さん自身で計算することも可能ですが、計算の仕方がよく分からない、という皆さんは「返済シミュレーション」によって支払うべき利息を計算してもらうと良いでしょう。

返済シミュレーションとは、カードローンで借りたお金を返済する際のシミュレーションが行なえるサービスです。返済の計画を立てたい時に役立つサービスで、金利や借り入れ金額から利息を計算したり、返済総額を算出したり、返済期間を算出したり、といった特徴があります。

例えば皆さんがカードローンで3万円を借りた場合、利息はどのくらい支払わなければならないのか、リボ払いにすると返済期間はどのくらいになるのか、返済総額はいくらになるのか、というように返済に関する気になるポイントをシミュレーションすることができるのです。

これまで一度もカードローンを利用した経験がない初心者の皆さんなどは、特に返済に関して気になる部分が多いかと思います。返済シミュレーションはそんな初心者の皆さんのサポートをしてくれるサービスでもあるので、まずはカードローンを利用する前にシミュレーションをすることから始めてみてはいかがでしょうか?

お金を借りるごとに返済シミュレーションを

このような返済シミュレーションは、カードローンを利用するごとに行なうことが推奨されています。先ほどカードローンを利用して3万円借りるという例を挙げましたが、この3万円を全て完済した後、また3万円を借りることになった場合には返済シミュレーションを行なうべきなのでしょうか?同じ金額を借りるのであれば、繰り返しシミュレーションをする必要はない、と考える皆さんも多いかと思います。

しかし、カードローンの金利は変動するものですし、皆さん自身も返済に充てるための金銭面に変化がある場合も考えられますよね。例え前回と同じ金額を借りる場合でも、状況には少なからず変化があるものですので、返済シミュレーションはカードローンでお金を借りるごとに行なうよう注意しておきましょう。もちろん、ただシミュレーションをするだけではなく、自分なりの計画の中でしっかり完済できるよう努力していくことも忘れてはなりません。まずは計画的にカードローンを利用することを心がけてみてくださいね。

カードローンの返済方法はそれぞれのスタイルに合うものを選んで

カードローンは計画を立ててから利用を

突然の出費にも対応できるカードローンは、一つ契約しておくと便利なサービスです。カードを利用してお金を借りることができるので、すぐに必要な金額を調達することが可能となっています。ただし、返済のことまでをしっかり考えて利用することが前提となっているため、計画性のないカードローンの利用はおすすめできません。必ず計画を立ててからお金を借りるように利用者それぞれが注意しておきましょう。

もし無計画の状態でカードローンを利用してしまうと、返済が追いつかなくなるなどのトラブルが起きるリスクが高まります。トラブルが起きると金融機関側にも迷惑をかけることになりますし、皆さん自身も今後カードローンの利用を認めてもらえなくなる恐れも考えられます。つまり、カードローンを利用できなくなってしまうことも考えられるということですので、返済時にトラブルが起こらないよう前もって計画を立ててからカードローンを利用するようにしましょう。

自分のスタイルに合った返済方法

また、カードローンの返済方法についても自分のスタイルに合ったものを選ぶことで、返済時にトラブルが起こりにくくなります。カードローンの利用におけるトラブルの多くは、やはり返済時に現われるものであることから、皆さんが少しでも返済しやすい方法で完済を目指すことが重要となっているのです。

どう考えても無理のある計画を立てても実行できないように、無事に返済できない方法で完済を目指しても、完済までたどり着くことは難しいものです。カードローンの返済方法は金融機関によっても様々ですが、基本的には銀行口座を使った返済、ATMを使った返済、振込による返済などの方法が利用できるようになっています。

例えば銀行でカードローンを契約した場合は、その銀行の口座から自動引き落としで返済することも可能ですし、銀行に設置されているATMを利用して返済することも可能となっています。自動引き落としで返済できれば、最悪の場合返済期日を忘れてしまっても無事に返済することができますよね。

ATMを使った返済方法についても、ATMが利用できる時間帯であればいつでも返済できますし、銀行以外に街に設置されているATMからでも返済することができるようになっているので、利用できるATMを探して返済することも可能です。皆さんそれぞれのスタイルに合わせて、トラブルが起こりにくい返済方法を選んでみると良いでしょう。

カードローンの一括払いとリボ払い

そしてカードローンを利用して借りたお金は、主に「一括払い」と「リボ払い(分割払い)」によって返済することになります。一括払いはまとめて返済する方法、リボ払いは分割して返済する方法となりますが、この場合は自分のスタイルに合った方法を選ぶほか、カードローンの金利設定などにも注目しておくことが大切です。

一括払いの場合は一気にまとめて返済してしまうので利息も少なく済みますが、分割して支払っていくリボ払いの場合は借り入れ期間も長くなり、利息も増えやすくなります。さらに金利が変動型である場合は借り入れ時よりも金利が高くなる恐れがるので、金利チェックは怠らないように注意しましょう。

こうした返済方法の選び方はカードローンで借りた金額にもよりますが、やはり長い目で計画を立てて状況を見ておくことが必要となります。一括払いは利息も少なく返済総額も抑えることができるものの、収入から見て一括払いできる状況であるかが重要なポイントです。リボ払いに関しても毎月決まった金額を支払っていけるか、金利が高くなっても支払っていけるか、といった問題について考えておかなければなりません。一括払いを利用する場合もリボ払いを利用する場合も、完済までの計画はしっかり立てておくようにしましょう。

今すぐ借りたい人にもおすすめ!カードローンの簡単な申込み方法

簡単に申込めるカードローン

カードローンの利用者は今すぐにお金を必要としている場合がほとんどであるため、カードローンの契約に関してもできるだけ早めに手続きを済ませたい、と考えている人が多く見られています。今すぐにお金を借りたいのに、契約までに時間がかかってしまってはカードローンを利用する意味がなくなってしまう、ということもありますし、とにかく早くカードローンを契約したい!と考えている皆さんも多いのではないでしょうか?

そんな皆さんには簡単に申込むことができるカードローンをおすすめします。カードローンの申込み方法には様々あり、近年ではいつでもどこでもカードローンの申込みが可能となる方法も人気となっています。ここからはカードローンの申込み方法について見ていくことにしましょう。

インターネットでカードローンの申込み

いつでもどこでもカードローンを申込める、という方法は主にインターネットを活用した方法になります。カードローンの申込みは電話での申込みや実際の店舗での申込み、自動契約機などを利用した申込みが一般的ですが、インターネットが普及し始めた近年では、インターネットから簡単にカードローンの申込みができるようになっているのです。

銀行のカードローンを利用する場合も消費者金融のカードローンを利用する場合も、ほとんどはインターネットでカードローンを申込むことが可能となっていますので、まずは皆さんが利用したいと考えている金融機関でインターネット申込みが利用できるかどうかを確認してみましょう。その上で契約を考えるべきかどうかを判断してみてください。

やはりカードローンは利用のしやすさが鍵となっていますから、申込みの段階から皆さん自身が利用しやすいと感じることがカードローン選びのポイントとなっています。もしインターネットでカードローンを申込めるようであれば、その金融機関のカードローンを候補に入れておきましょう。

候補に入れておくというのは、皆さんがより利用しやすいカードローンを探すための準備です。インターネットでの申込み可能というメリットの他、様々なカードローンの特徴を調べた上で契約を決めることが大切なので、インターネット申込みができるカードローンの中から特に利用しやすいカードローンを探し出していきましょう。

カードローン選びは金利にも注目を

そこで注目しておきたいのが「金利」です。金利はカードローンの利用手数料をパーセンテージで表したもので、皆さんが実際に支払う利息に大きく関わってくるものとなっています。金利・借り入れ金額・借り入れ期間によって計算される利息こそが、皆さんが金融機関側に支払う手数料となっていますので、あらかじめ金利について確認しておくことが必要です。

金利は高い場合もあれば低い場合もありますが、基本的に金利が高くなるほど利息も高くなりやすく、その分だけ返済時の負担が大きくなると見られています。カードローンの返済は借り入れ金額をそのまま返すのではなく、利息を含めた金額を返済することになるので、返済総額は借りた金額よりも多くなることが一般的です。

場合によっては「無利息サービス」を行なっていることもあり、利息を支払わなくても良いケースもありますが、カードローン利用の基本は利息の支払いが必要不可欠となっています。利息を少しでも抑えたいと考えている皆さんは、申込み前の段階でカードローンの金利設定について細かくチェックしておくようにしましょう。金利の差はカードローンごとに見られるものですから、しっかり比較してからカードローンの契約を決めるようにすると良いでしょう。

利息を支払わない「無利息サービス」を行っているカードローンも

「利息」というカードローンの利用手数料

「利息」とは、カードローンを利用する際に支払う手数料のようなもののことで、カードローンを利用する場合は必ず支払う必要があります。金利・借り入れ金額・借り入れ期間によって計算されるのですが、金利が高くなるほど利息は高くなります。

同様に借り入れ金額が高くなるほど利息は高く、借り入れ期間が長くなるほど利息は高くなる仕組みとなっています。つまり高金利カードローンを利用する、一度に高額を借りる、長い間返済せずに借りたままの状態でいる、といったような場合は利息の支払いが増えやすくなっているのです。

カードローンを利用する上で利息の支払いは避けられないものですから、カードローンを利用する前には必ず金利設定をチェックし、借り入れ金額や借り入れ期間についても計画を立てておくようにしましょう。ただし、場合によっては利息を支払わずにカードローンを利用できることもあります。それが「無利息サービス」です。

カードローンの「無利息サービス」とは

無利息サービスとは、無利息=利息がつかないというキャッシングサービスのことで、カードローンを利用できる様々な金融機関で行なわれています。基本的にキャンペーンの一つなので、無利息サービスが行なわれているキャンペーン期間であれば利息の支払いをせずにお金を借りることができるようになっています。

利用者にとっては非常にお得なサービスであるため、無利息サービスが行なわれている金融機関を中心にカードローン選びをする人も多いのではないでしょうか?実際に無利息で借りることができれば、返済の負担も少なくなり、金銭的にも精神的にも余裕が出てきますよね。

しかし、無利息だからといってお金を借り過ぎてしまうと今後トラブルに発展する危険性が高まりますので、借り入れ金額については十分に注意しておきましょう。無利息の場合でも利息を支払わなければならない場合でも、借りた金額を返済することに変わりはありません。いくら無利息でも借りた金額については皆さん自身がそのまましっかり返済しなければならないので、返済が不可能な金額は絶対に借りないよう気をつけてくださいね。

無利息サービスは対象者が限られている場合も

また、キャンペーンとして行なわれている無利息サービスは、キャンペーン期間が終われば通常どおり利息を支払わなければならないため、無利息でカードローンが利用できるキャンペーン期間についてもあらかじめチェックしておきましょう。もしキャンペーン外の時期に借り入れ・返済をする場合は、一般的なカードローン利用と同様に利息の支払いが欠かせないものとなります。皆さん自身に大きく関わってくる問題ですので、無利息サービスのキャンペーン期間はこまめにチェックしておくことをおすすめします。

さらに無利息サービスは基本的に新規契約者のみを対象としていることから、皆さんがその金融機関で既にカードローンを契約している場合、無利息サービスが利用できないケースもあるため注意が必要です。全てのカードローン利用者無利息キャンペーンを利用できてしまったら、金融機関側としてもメリットがありませんので、新たにカードローンを契約してくれる利用者を対象に無利息で借り入れできる、というサービスを行なっているのです。

こうしたサービスを行なうことで新規契約する利用者もお得ですし、契約者も増えやすくなるので金融機関側にもメリットがありますよね。ただ、無利息のカードローンを利用するために複数のカードローンを契約する、という行為は非常に危険なので、利用者である皆さんはそれぞれが注意しておくようにしましょう。無利息でも借金が重なれば返済の負担は大きくなります。カードローンは本当に必要なお金であるかどうかをよく考え直してから利用してください。

一番利用しやすいサービスはどれ?カードローンの金利をそれぞれ比較

カードローン選びのための金利比較

たくさんのカードローンの中からどのカードローンを選ぶべきか、悩んでしまうことも多いですよね。そんな時に重要となるのが「比較」です。それぞれのカードローンを比較していくことで、皆さんにとって一番利用しやすいサービスを見つけ出すことができるので、まずは比較することからカードローン選びを始めてみましょう。

では、最初に比較しておくべきポイントはどこになるのでしょうか?カードローン利用には金利が大きく関わっていますから、カードローンそれぞれの金利設定を見ておく必要があります。金利設定は金融機関ごとに異なるもので、変動金利の場合は日によって差が現われる特徴があります。

そのため、金融機関側は○○.○%?○○.○%といったように広範囲の金利設定を提示しているというわけです。これからカードローンを利用するのであれば、今現在の金利がどの程度かをしっかり把握しておく必要がありますので、カードローンが利用できる各金融機関の金利を細かく調べてみると良いでしょう。

安全性の高いカードローンを探すためには

そして、金利を比較する際には金融機関のタイプによっても様々な特徴を見ておくことをおすすめします。例えば銀行のカードローンを利用する場合と消費者金融のカードローンを利用する場合とでは、金利に大きな差が見られるものです。一般的に銀行は低金利のカードローンとなっていますが、消費者金融でカードローンを利用する場合は金利が高いため、支払う利息も多くなります。

利息は金利・借り入れ金額・借り入れ期間によって算出されるものなので、金利が高いほど皆さんが支払うべき利息も高くなっていくという仕組みです。金利はなるべく低めの方がお得にカードローンを利用することができますから、金利設定を比較しながら低金利のカードローンを探してみると良いでしょう。

ただし、金利設定が低めのカードローンは審査基準が厳しい傾向があります。審査基準が厳しいということは、審査に通りにくいということですので、場合によってはカードローンの利用を認めてもらえないケースもあるのです。低金利であるが故に審査基準を厳しくしているため、なかなか審査に通ることができないということもあるかと思いますが、その分だけ安全性の高いカードローンと見ることもできます。安全性の高いカードローンを利用したい場合は、少し審査基準が厳しくても低金利のカードローンを選んでみてください。

まとめローンに合ったカードローンを比較

その他、ローンを一つにまとめる「まとめローン」としてカードローンを利用する場合も、金利設定はあらかじめ比較しておくことが重要となっています。複数のローン(借金)をまとめるために利用するため、金利が高いと支払う利息も大きく増えることになります。反対に低金利のカードローンを選ぶことで複数のローンをまとめても利息の支払いが少なく済むので、まとめローンとしてカードローンを利用することを考えている皆さんも、できるだけ低金利のカードローンで残りのローンをまとめてみると良いでしょう。

皆さんが返済時に支払う利息は金利に大きく左右されるものですし、利息の支払い負担が増えるほど返済時にトラブルが起こりやすくなるものです。トラブルが起こると今後カードローンを利用できなくなる恐れも高くなるため、自分自身の安全を考えたカードローンの利用が必要不可欠となります。トラブルの発生をあらかじめ避けるためにも、カードローンの利用前にサービス内容を細かく比較し、利用しやすいカードローンを選ぶよう心がけるようにしましょう。

クレジットカードのキャッシング枠の金利とカードローンの金利の差

カードローンに必ず関わってくる金利設定

銀行や消費者金融といった様々な金融機関で利用できる「カードローン」は便利なキャッシングサービスの一つです。金融機関から発行されたカードを使い、お金を引き出すことができるので、出費が嵩む時期などにもおすすめのサービスとなっています。しかし、カードローンの利用には必ず「金利」が関わってくるものです。

中には「無利息サービス」を行なっている金融機関もあり、無利息でお金を借りることができる場合もありますが、基本的にカードローンを利用する場合には金利によって算出された利息を支払うことが利用者の義務とされています。カードローンの利用者は借り入れ金額をそのまま返済するのではなく、利息も含めた金額を返すことになりますので、初めてカードローンを利用する皆さんは十分に注意しておくようにしてください。

クレジットカードのキャッシング枠の金利は

また、カードローンの他にも「クレジットカード」のキャッシング枠を利用したキャッシング方法もありますが、この場合もカードローンと同様にあらかじめ金利が設定され、利用する際には利息を支払わなければなりません。クレジットカードは主にショッピング枠が使われるものですが、キャッシング枠が設けられているカードである場合は、カードローンと同じようにお金を借りることができる点が特徴的です。

ただし、カードローンの金利とクレジットカードのキャッシング枠の金利にはそれぞれ差が見られることもあるので、どちらも利用可能な状態である皆さんはよりお得にキャッシングできるサービスを選ぶことをおすすめします。カードローンの金利もクレジットカードのキャッシング枠の金利も平均的には同程度となっていますが、皆さんがカードローンを契約している金融機関や利用しているカード会社によって金利設定には少なからず差があるものです。

まずはカードローンとクレジットカードそれぞれの金利設定をよく確認し、その上でどちらのキャッシング方法を利用すれば得かを考えてみると良いでしょう。金利の他にも、借り入れ限度額が多い方を選んだり、楽に返済できる方を選んだり、皆さんが利用しやすい方法を選んでキャッシングしてみてくださいね。

ショッピング枠「現金化」の利用は避けて

このようにカードローンでもクレジットカードのキャッシング枠でもお金を借りることはできますので、皆さんに合った方法でキャシングサービスを利用してみると良いでしょう。

またクレジットカードを使ってキャッシングする方法としては、ショッピング枠を利用した「現金化」というサービスもありますが、このサービスはクレジットカード会社が行なっているわけではなく、現金化サービスを専門とした業者が行なっているものになります。カード会社は一切認めていないサービスですし、大変危険なサービスとなっていますので、現金化サービスの利用は避けておきましょう。

キャッシング枠を使い切ってしまった、という場合にショッピング枠の現金化サービスを利用する人が多いようですが、もしキャッシング枠を使い切ってしまった場合はまずキャッシング枠で借りたお金を返済することを第一に考えるようにしてください。借りたところからまた借りてしまうと、借金に借金を重ねてしまうことになりますから、まずは今ある借金を完済することに専念していきましょう。

カードローンを利用してキャッシング枠の借金を返す、という方法もありますが、この場合も今後の借金が嵩むばかりです。複数の借金を抱えることは非常にリスクの高い状態ですので、今皆さんが返せる範囲から返済を始めていくようにしましょう。